税金をクレジットカードで払いたい人は6割もいる?気になるメリット・デメリットは

税金をクレジットカード払いできる自治体が増えている

市区町村を中心に、税金をクレジットカードで支払える自治体が増えてきています。

「税金の支払いがクレジットカードで行えるようになったら便利なのに」と考えたことのある人もいるのでしょう。ある調査によれば、自動車税、軽自動車税、固定資産税といった税金をクレジットカードで支払いたいと答えた人の割合は、約6割に上るとのことです。

クレジットカードで支払えるのは住民税、固定資産税、自動車税など
このよう状況を踏まえてか、普通徴収の住民税、土地家屋に係る固定資産税・都市計画税、償却資産に係る固定資産税、自動車税、軽自動車税といった税目を中心に、クレジットカード払いに対応する地方公共団体が増えています。また最近では、クレジットカードでふるさと納税をできる地方公共団体も増えてきてます。

東京都では、「都税クレジットカードお支払いサイト」で必要事項を入力するだけで、税金の支払い手続きが完了するシステムを運用しています。対応している税目は自動車税、23区内の固定資産税・都市計画税・償却資産税・個人事業税・不動産取得税など。利用できるカードもVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースなどと充実しています。決済手数料がかかりますが、検討してみるのもいいでしょう。

続きはこちらhttp://news.livedoor.com/article/detail/13153804/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA