法人のクレジットカード、比較のポイント

 

クレジットカードって素敵!

凄っいお気に入りの!凄っい可愛いバッグ買ったんです!! もうテンション上げ上げ↑↑ 気分はルンルンです! っと思ってたらバッグが小さくて財布が入らない…。 マジ、ショック。 ショルダータイプのクラッチバッグだったのですが、 今の財布デカくてムリムリ。 財布も結構古かったので思い切って買う事にしました。 風水的に言うと財布は1年に一回は新しいものに変えた方が良いらしいですよ。 その方がお金が出て行かないらしいです。 すでに今、わたしはお金出て行ってますけど…。 財布を買ったのは良いんですけど今度は財布が小さいものになったので、 中身を整理しなくてはいけません。 そこで、これを機にクレジットカードを作る事にしました。 取りあえずクレジットカード1枚持っておけば、財布にお金詰め込まなくてもいいですものね(小銭ですけど…) いらないポイントカードも整理しなくては…。

クレジットカードって作るのにどれくらいかかるんですかね? 早くバッグを使いたいので即日発行のモノが良いですが、 1ヶ月とかは待てません! 取りあえず審査みたいなものがあるらしいので、 審査結果が早いクレジットカードに申し込もうと思ってます。 「クレジットカード」「即日発行」でポチポチとネットで検索してみました。 難しい事はわからないですが、 社会人のOLなので審査は通ると思います。 よく考えると…クレジットカード作ってからバッグや財布を買った方が良かったのでは…。 ショッピングでポイント付くカードも沢山ありますね。 今更感がいなめなく、ちょっと残念です。 今から急いでクレジットカードの審査に申し込むので、 なんとか即日発行になるよう願います。 はやくバッグを持って出かけたくてワクワクしてます!

 

法人のクレジットカード、比較のポイント

この間、友人に面白いものを紹介してもらえました。“法人カード”と言うのですけど、要は会社や仕事関連のクレジットカード。経費で落としたいもの、落とさなければいけないものって、立て替えが面倒ですよね。いきなり財布が心もとなくなるのも心配ですし…。そんな人のためのカードなんですって。つまり、支払いの際にこれを使えば、カードから支払える上に、明細が会社に届くようになるので申請の手間が一挙に省けるというシロモノ!なんとこんな便利なものがあるとは…。ありそうで無かった発想ですね!

それで、法人カードにもいろいろあるそうでしょうから、一体どれがいいのかなぁと思ったのですが、紹介してくれた友人によると、・年会費・ポイントの貯まりやすさ・ETC機能の違い・審査基準(審査の通りやすさ)・特典こういう考え方で、カードを選べばいいのだそうです。この中でどれを重視するか、ということですね。たとえばとあるカードは、年会費が非常に安いですが、その代わり法人カードの申込をして審査通過率が低いそうですし、会社の設立から2~3年後にしか一般的にカードが作れないと言われていても1年ほどで作れた例があったり。ETC機能も、ETCのみに目的をしぼったものやETC+クレジット機能というものもあったり、ポイント還元率がカードによっては2%ほども違ったり…などなど。ちなみに最後のポイント還元率については、貯めると商品やマイルやサービスなどに交換出来てよりお得な印象でした♪

 

ネットショップでも活用できます!

来月に引っ越しをする事になりました。新居に向けて家具や家電を新しくしようと思っているのですが、仕事が忙しく買い物に行く時間も少ないので、配達のいる大きいものはネットショッピングで購入しようと計画中です。毎晩、仕事が終わって帰宅するとネットショップに釘付けです。気になるものが多すぎてネットのお気に入りも増えてきて大変な事になってます。ネットショップでの購入時にクレジットカード利用するとポイントが付いたり、サービスがあったりする事が多いようです。今回はかなり沢山の買い物をする予定なので、ポイント貯めていた方が他の買いもにも利用できて得ですよね。以前にもクレジットカード持っていたんですが、その頃は使用頻度も少なく、年会費もそこそこしたので辞めてしまいました。新しくクレジットカードの申し込みしなければなりませんが、ネットショッピングで利用するのと同時に、公共料金などの引き落としにも使いたいと思っています。

引っ越しの期日が近づいて来た為、書類で手続きなどもしなくてはいけないのでクレジットカード即日発行がいいです。即日発行と言っても1~2週間かかっても大丈夫ですが。審査がスピーディーな所では、当日か翌日に審査結果が出る所も有るらしいので助かります。ネットで審査申し込みできるので夜帰宅してからでもできますね。即日発行も大事ですが年会費も「無し」とか安い方がいいです。即日発行のクレジットカードで買い物しすぎないように気を付けなければいけません!引っ越しの日までバタバタですが、 ネットはギリギリまで使えるようにしとこうと思ってます。直前までは、クレジットカードでのネットショッピングを利用するハズですから。

 

即日発行の魅力と滞納の注意点

カード会社によっては、独自のキャンペーンなどを実施している事があります。その1つが、即日発行可能な商品なのですね。 そもそも一部のカード会社では、普段は即日発行を採用していない事もあります。ところがたまにキャンペーンを実施していて、期間中に申し込みをした方に限り、即日発行が可能なケースがあるのですね。

そのようなキャンペーンは、急いでお金が必要な方にとっては、メリットが大きいのではないでしょうか。葬式などでお金が必要になる事例も多々見られるのですが、即日発行の商品によって助かっているケースも稀にあります。また急ぎで生活費を調達したい時にも、即日発行のメリットは大きいですね。

ただしそれを利用するとなると、滞納などには気をつけた方が良いです。いくら即日発行といっても、滞納が見られる人物の場合は、カード発行が難しい傾向があるからです。ですので借りたお金に対して滞納が発生しないよう、普段から気をつけた方が良いでしょう。

 

お店やホテルなどでカードを即日発行してもらう流れ

ホテルやコンビニなどでは、たまに即日発行のカードの申し込みを受け付けています。そのタイプのカードは、利便性に関する大きなメリットがあるのです。非常にスピーディーにカードを発行してもらえるメリットなどは、とても大きいでしょう。

その具体的な方法なのですが、それらのお店やホテルなどに常駐している営業担当者に声をかける事からです。たいていはカード受け付けに関する営業担当の方が控えていますので、まずは申し込みをしたい旨を伝えると良いでしょう。すると所定の用紙が渡されますので、それに自分の情報を記入する事になります。

記入をして営業担当の方に提出しますと、審査を受ける事になるのです。ちなみに審査は、カード会社の本社にて行われる事になります。それで審査通過後に、所定のカードが発行される流れになるのですね。

流れ自体は非常にシンプルになっていると思います。ただ身分証明書だけは、忘れないように気をつけたいものですね。

 

お得な即日発行のカードのスピードに関わる審査部署の状況

即日発行のカードの中には、非常にお得度が高いタイプが見られます。例えばショッピングモールによっては、倍絶対得などとアピールしている事があるのです。いわゆるキャンペーンなどの兼ね合いによって、ポイントが2倍になる事例も見られるのです。それは明らかにお得なカードなので、関心を抱いている方々も珍しくありません。また受信料なども、カード発行のお得度に関わってくる場合があります。

受信料の支払い方法をカードにしている方も見られますが、それはポイント付与が大きくなるケースもあるのです。公共料金の支払い等は、カード払いがおすすめと言えます。ただしそれが即日で発行できるか否かは、審査部署の状況に左右される一面があるのです。なぜならその部署に対して、申し込みが殺到する場合があります。あまりにも申し込みの件数が多くなると、審査部署も忙しくなってしまうので、それだけ時間がかかる事もあります。つまり即日発行が可能になるか否かは、タイミングに左右される一面もあるのです。

 

カードの還元率が大切になる3つの局面

クレジットカードの還元率が重視される局面は、主に3点あります。まず1つ目ですが、漢方薬です。人によってはかなりの頻度でその薬を服用している事もあります。そして漢方薬は、カード払いなどもできる訳です。カードで支払うとなると還元率は非常に大きなポイントになるので、漢方薬はクレジットカードと大きな関係があります。2つ目ですが、ハーバードなどの大学です。

いわゆる学費などはかなり高めな金額になりますが、それだけにカードで支払った時の付与ポイントも高めになる傾向があります。もちろんそのさいには、還元率の高さは重視される事になるのです。そして3つ目が盲点なのですが、減税計算です。人々は減税をする為に、地域の名産物などを購入する場合があります。その際にカード支払いを採用しているとなると、やはり多くのポイントが付与される事になるのです。このような漢方薬と大学と減税計算という3点が、クレジットカードの還元率が重視される主な局面になります。

 

プラチナによってシェラトンホテルで優遇

イギリスには、とても格式の高いホテルが見られます。シェラトンホテルなども、その1つです。世界の中でもかなり宿泊関連の施術が充実している訳ですが、人によっては手厚いサービスなどを受けたいと考えています。

ところでそのサービスの高さを目指すならば、アメックスに着目してみる方法があるのです。そのカードにはプラチナと呼ばれるバージョンがあるのですが、前述のホテルに関するメリットが見られます。シェラトンなど格式が高いホテルにはこうしたカードによって優遇される事があるのです。

例えばあるホテルの場合は、メンバーシップというシステムを採用しているのですが、それにも様々なランクが存在します。その中でも高いランクのサービスを受けるとなると、前述のプラチナのアメックスのカードを保有しているか否かが、条件の1つになるのです。年間で数十泊以上できるサービスなどもあるのですね。

ホテルの利用頻度が多い方々にとっては、プラチナのカードのメリットは大きいでしょう。

 

整理手続きでetcカードの作成が困難になる事も

私たちが何かを利用するとなると、審査を受ける事が多々あります。いわゆるetcカードもその1つなのですね。その機能には、便利な機能が満載です。労力を軽減する為の様々な機能が備わっているので、それを有効活用している方々も多く見られます。全銀協などで、そのカードを作成している方々も見られるのですね。ところでetcカードは、実は債務整理と大きな関係があります。その整理を行った方の場合は、実は少々難しくなる事があるのです。その理由が、冒頭で申し上げた審査になります。

カードを作成する時には、過去に整理手続きを行ったか否かがポイントになるのです。その手続きを行っていなかった方の場合は、審査に通りやすい傾向があります。ところが債務整理の手続きを一度でも行った事の場合は、etcカードの作成が難しくなるケースもあるのです。ただし過払い請求だけは例外ですね。あれも債務整理の手続きの1つですが、特にカード作成には影響を及ぼしません。

 

過去の滞納などのデータを閲覧している消費者金融

人々は、たまに消費者金融に申し込みをしています。というのも、たまに一気に大きなお金が必要になる事があるのです。まとまったお金が必要となると、消費者金融のサービスはとても便利です。

ところでその金融会社から借りる時は、もちろん審査を受ける事になります。そして、たまに審査で落とされている事例が見られるのです。なぜ審査落ちになるかというと、信用情報です。金融会社というのは、信用情報機関が把握している情報を閲覧する事ができます。たまに数ヶ月以上前に滞納が発生している事例も見られるのですが、それも全て金融会社は把握できます。

それがきっかけで、審査落ちになる事例も見られる訳です。ちなみに金融会社への申し込み者としては、窓口開示の手続きを摂ることも可能です。その情報機関に対する問い合わせをすれば、窓口にて自分の遅延情報などは確認できます。あまりにも審査落ちが続いていて、理由が気になる時には、窓口開示の手続きをしてみるのも一法です。

 

海外旅行にはイオンカードがお勧めですよ!

イオンカードでお金を借りる際に、信用金利について深く触れようとする方が数多いことでしょう。お金の貸し借りをするときに金利が発生することから、計画的なローンを組む際に、信用金利が深く関係しているのが感じられてきます。海外旅行にイオンカードを携帯しようとする方が割と数多く居ると思い、そのカードに海外旅行保険が付いていることをその方が目を付けたのかもしれません。言い換えれば、イオンカードは海外旅行のパートナーのような物だと言えるのではないでしょうか。

イオンカードを申し込んだ方は、そのカードが自分の元に到着するまでの間を楽しみにしていることでしょう。しかし、先の方がイオンカードを携帯する資格があるのかを見極める審査をパスする必要があるため、場合によっては、そのカードが到着するまで一ヶ月程掛かる可能性もあります。カーディーラーで車を購入しようとしている方は、イオンカードでローンを組めるのかを気にされているのではないでしょうか。車の購入にイオンカードを使用することで、ポイントがガッツリ稼げる場合もありますし、そのカードの利用価値が高いはずです。

 

一石二鳥でサポートが充実しているカード

法人カードには、様々なメリットがあります。人によってはそのメリットが、一石二鳥だと感じている事もあるのです。例えば料金支払いに関するメリットです。一部の法人では、自動車を用いて移動しています。その際には高速道路の料金支払いが生じる訳ですが、いわゆるカード払いは非常に便利です。料金所をスピーディーに通過できるからです。また多くのポイントも付与されるので、一石二鳥だと感じている法人も多く見られます。

ただし人によっては、求められる記載事項などに関して疑問を抱いている事例もあります。法人カードを作るとなると、当然様々な事務手続きが必要になるのですが、それが少々複雑だと思っている方も見られます。しかし中には、その手続きがシンプルなカードもあるのです。いわゆる決算書不要なカードなどは、かなり手続きがシンプルです。そのようなカードに限って、コールセンターの対応も充実している傾向があります。初めてカードを作る時には、サポートが充実している金融会社を選ぶと良いでしょう。

 

カードの付帯保険と代理店からの販促

法人カードの中には、個人事業主向けのタイプもあります。なぜなら一部の事業主の方々は、ネットで買い物をする事もあるからです。

そもそもネットでの買い物には、何らかの事故が発生する可能性もあります。ところがカードによっては、かなりメリットが大きな付帯保険を準備している事があるのです。そのような買い物で購入した事故には、保険がおりる事があるからです。ですので転売などで利益を得ている個人事業主には、メリットが大きなカードと言えます。

ちなみに一部のカードの代理店では、特定の法人に対してカードをおすすめしている事もあるのです。是非御社になどとアピールをしている代理店もあるのですが、たいていはそのために印刷物が用いられます。販促パンフレットなどで、推奨される傾向があります。 実際そのようなカードは、確かにメリットが大きな事も多いです。法人のニーズに合致している事が多いからです。事業を効率化したいと思う時には、思い切ってカードを作成してみるのも一法でしょう。

米アメックス:ヒルトンのクレジットカードの独占発行権を獲得

米アメリカン・エキスプレス(アメックス)は、ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスのクレジットカードを独占的に発行する権利を獲得した。これに伴い、アメックスとシティグループが共同でヒルトンのカードを発行する契約は終了する。

ヒルトンの1日の発表によると、今回のアメックスとの契約は来年1月1日に発効する。条件は明らかにされていない。

アメックスは2015年に米コストコ・ホールセールのカード契約獲得を巡る争いでシティに敗れていたほか、ジェットブルー・エアウェイズとの提携契約を更新できなった。

1日の米株式市場でアメックス株は前日比1.7%高の78.28ドル。

 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-02/OQWA6P6TTDS401

税金をクレジットカードで払いたい人は6割もいる?気になるメリット・デメリットは

税金をクレジットカード払いできる自治体が増えている

市区町村を中心に、税金をクレジットカードで支払える自治体が増えてきています。

「税金の支払いがクレジットカードで行えるようになったら便利なのに」と考えたことのある人もいるのでしょう。ある調査によれば、自動車税、軽自動車税、固定資産税といった税金をクレジットカードで支払いたいと答えた人の割合は、約6割に上るとのことです。

クレジットカードで支払えるのは住民税、固定資産税、自動車税など
このよう状況を踏まえてか、普通徴収の住民税、土地家屋に係る固定資産税・都市計画税、償却資産に係る固定資産税、自動車税、軽自動車税といった税目を中心に、クレジットカード払いに対応する地方公共団体が増えています。また最近では、クレジットカードでふるさと納税をできる地方公共団体も増えてきてます。

東京都では、「都税クレジットカードお支払いサイト」で必要事項を入力するだけで、税金の支払い手続きが完了するシステムを運用しています。対応している税目は自動車税、23区内の固定資産税・都市計画税・償却資産税・個人事業税・不動産取得税など。利用できるカードもVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースなどと充実しています。決済手数料がかかりますが、検討してみるのもいいでしょう。

続きはこちらhttp://news.livedoor.com/article/detail/13153804/